TOPページに
もどる

ブログ

新たなアトピー性皮膚炎の治療薬

2021年09月28日

急に涼しくなり、寒暖差で体調を崩しやすいこの頃です。徐々にコロナ感染者数は減ってきました。しかし、コロナ感染は軽症でも後遺症に苦しんでいる人が患者さんでもいました。緊急事態宣言が解除されたとしても、今まで通り感染対策を続け、できればこのままかからずに終わりたいですね。

今回は、また新たに重症のアトピー性皮膚炎に使える新しい内服薬が承認されました。この薬も、もともとは関節リウマチの治療薬として開発され、今回適応追加となりました。以前に同様の内服薬(JAK阻害薬)が承認され紹介しました。特に痒みに速効性に効いてくれるとの評判です。どうしてもアトピー性皮膚炎の場合は、痒みサイクルが悪化して掻き壊してしまうことが、難治化の原因と言われています。この痒みサイクルを止めてくれる薬と言われています。前回のくすりと同様に非常に高額で、1錠が¥5000くらいします。毎日1錠内服していきますが、高額療養費制度の対象となりますので、全額自己負担にはなりません。副作用のこともありますので、興味のあるかたは一度お越しください。

このページの上へ