TOPページに
もどる

ブログ

新型コロナウイルスへの対応

2020年04月06日

当院での新型コロナウイルス対策

 

<電話診察について>

「処方できる場合」

  1. 慢性疾患において、最近3か月以内に当院を受診し、症状が落ち着いている
  2. 薬は3か月以内に処方したものに限り同量での処方が可能
  3. 薬の変更や新しい薬の追加がない
  4. 電話診察の後、4日以内に支払いと処方箋の受け取りに必ず来院できる(代理人でも可能です。4日以内に処方箋の受け取りと診察代の支払いをお願いしています。)当院から薬局へのFAXは対応していません

「処方できない場合」

  • 前回と違う場所に皮疹が出ているが、同じ薬を塗ってもよいか?
  • 去年と同じアレルギーの薬を出してほしい。
  • 前回よりも多めに薬を欲しい。

以上などは電話では対応できませんので、申し訳ありませんが、受診をお願いします。

 

※注意事項

  1. 電話診察はコロナウイルス感染に伴う一時的な対応です
  2. 電話診察をした次の診察は通常診察となります
  3. 電話診察の受け付けは1012時、1517時で行います
  4. 土曜日及び上記時間外については対応できませんのでご了承ください

 

<院内での感染予防 “3密(密閉、密集、密接)を避けるために”>

1.院内での患者数の制限をする(必ず横の人と間隔が空くように座る)

2.1時間に2回(各10分間)、入り口の自動ドアを開放し、空気の入れ替えをする

3.来院時にすべての人に体温測定をする(額で検温)

4.飛沫感染予防のために、大きな声を出さず、できるだけ不要な会話をしない

5.受付には透明シートによるシールドをして、飛沫感染を予防する

6.医師、看護師はかならずマスクとゴーグルまたは眼鏡を着用して飛沫感染を予防する

7.院内では患者、同伴者すべての人がマスク着用を徹底する 持たない人には簡易マスクを渡します

8.人の手が触れる部分は、定期的にアルコール等で消毒をする

9.雑誌や絵本は全て撤去

10.子供コーナーのテレビも、子供が密集するため電源OFFとする

11.医師、スタッフの消毒、手洗いの回数を増やす

このページの上へ