TOPページに
もどる

ブログ

フットケア外来のお知らせ

2022年03月19日

4月からフットケア外来が始まります

足のタコや魚の目,巻き爪や厚い爪にお悩みではありませんか?

ヒトの足裏の面積は、体表面積のわずか2%しかありません。この小さな足に全体重がかかり、毎日の生活を支えてくれています。

まさに縁の下の力持ち!

ヒトの足には骨や靱帯,筋肉からなる3つのアーチ構造があり、歩行による地面からの衝撃を吸収し、前方へ推進し、立位バランスを保つといった「ばね」の役割を担っています。

人の進化によってもたらされたこの素晴らしい足のアーチ構造ですが、加齢や生活習慣によって筋力が低下し靱帯が緩むと、様々なトラブルがおこります。

タコや魚の目などは、アーチの崩れや外反変形が大きな原因となっています。

(もちろん靴の影響も大きいですよ!)

また、加齢とともに足の爪は水分を失い、少しずつ厚くなる傾向があります。

そのまま放置していると「気付いた時には自分で切れなくなっていた」というお話を外来でよく耳にします。

たかが足の爪とお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、足トラブルをお持ちの方は転倒リスクが高まるという研究結果があります。

『人生100年時代、足をお手入れしながら一生自分の足で歩ける』を目指して、

どんな小さなお困りごとでも安心してご相談ください。

当院では、毎週火曜日と金曜日の午前中、通常の診察とは別に完全予約制で以下のフットケアがスタートします。

・足の爪切り 厚くなった爪・変形した爪の形を整えます

・タコや魚の目削り 専用のグラインダーで丁寧に削ります

・巻き爪の矯正 (B/Sスパンゲ認定セラピスト)

・硬くなった踵 専用の角質軟化剤を使用し一人一人に合わせて角質ケアを行います

全て、フットケア専用の機器を使用し、経験を積んだ看護師が痛みのない優しいケアをしてまいります。

靴の選び方や足のセルフケア、簡単な運動などもお話しいたします。

フットケア外来は自費診療となります

基本料金 約40分 5,500円(税込)から

興味のある方は一度ご相談ください。

このページの上へ